ドローンパイロットは、今や飛行機のパイロットよりも稼げる可能性を秘めた“花形”商売だってご存知でしたか?

飛行機のパイロットになるためには、免許の取得に多くの費用が費用ですし、長いキャリアが必要となります。

その苦労もあってパイロットは年収1000万円以上も狙える日本では医師と並んで高給を望める仕事ですね。

歯科~し!今やドローンパイロットの方が稼げる仕事となりつつあるようです。

過去に放送された日本テレビ系列『月曜から夜ふかし』の中でドローンパイロット、請川博一さんのインタビューが放送され、そのインタビューの中で請川博一さんの年収が”1億円”だったことで、一時SNS上が唖然となりました。

年収”1億円”も夢じゃない?今からでもなれるドローンパイロット

確かにこの請川博一さんは、ドローンパイロットとの第一人者であり、他のドローンパイロットに比べればずば抜けて年収が高いのは事実なのですが…

実際にドローン操縦士の平均年収は500万円を優に超えており、さらに今後需要がどんどんと拡大していくことを考えると、年収1000万円クラスも夢ではありません!

ちなみに全世界におけるホビー・レジャーを除いたドローンの商業利用の市場規模は確実に拡大しており、ドローンという言葉がまだ日本で定着していなかった2015年ごろでも、すでに15.2兆円という途方もない額がドローン産業として生まれていた――このことを考えると、今やドローン操縦免許は、自分の価値を上げるために必要な資格と考えることが出来ます。

しかも、現在ドローンパイロットは不足しています。

ドローン操縦免許は今の時代では珍しく、「学歴不問で何歳からでも資格が取れ、さらに免許取得後も稼げる。」

こんな資格は、今の日本にドローン操縦免許以外にほとんど存在しないのではないのでしょうか?

 ドローン操縦免許

  • 学歴:不問
  • 年齢:不問
  • 勤務実績:不要
  • 資格難易度:低
  • 資格取得期間:最短4日~
  • 資格取得費用:12万円~
  • 資格取得者需要:多い、これからどんどん増える

 その他の免許

  • 学歴:高卒以上、或いは大卒以上
  • 年齢:制限がある場合も
  • 勤務実績:難しい資格ほど必要
  • 資格難易度:難しい資格ほど高い
  • 資格取得期間:1日~数年
  • 資格取得費用:12万円~数百万円
  • 資格取得者需要:低い、これからどんどん減るものも

[資格の将来性]ドローンパイロットの需要は、あるのか?

誰でもその気になればドローン操縦免許を取得し、ドローンパイロットとして活躍することは可能です。

しかし、つい最近出てきたツールであるドローンを使って、どのような仕事をするのか、いまいちよくわからないという方の方が多いのではないのでしょうか?

意外に思われるかもしれませんが、実はさまざまな業種でドローンの需要が増加しています。

上記の円グラフを見て頂いても分かる通り、建築の場面でも、農業の場面でも、輸送の場面でも、ドローンを使った業務は増えており、ドローンパイロットとしての資格と、確かな操縦技術さえあれば、業種を選ぶことなくドローンパイロットとして仕事をすることが可能なのです!

一昔まえに比べれば、転職市場は活発になっていますが、それでも学歴・職務経験がなければ現在でも転職は困難です。

しかし、ドローンパイロットとして資格と技術さえあれば、どんな業種でも働くことが出来るため転職も有利!

○ドローンを使った業務例


  • 高いところの点検整備
  • 倉庫内の在庫管理
  • 海上での魚群探索
  • 田畑への農薬散布
  • ホームセキュリティ
  • 災害時などの物資搬送
  • ドローンによる宅配(将来的)


など……さまざまな業種でドローンを使った業務が増え続けています。

ドローンパイロットの資格はいる? そもそも免許の必要性ってあるの?

さまざまな業種でドローンの需要は高まっていますが、そもそもドローンの免許を取得する必要はあるのでしょうか?

確かに遊ぶだけなら、ドローンを操縦するのに国家資格や免許は必要ありません(将来的には必要になる可能性が高いですが)。

しかし、仕事となると話は別です。

現在、ドローンの操縦に関する国家資格はありませんが、ドローンの用途や種類によっては資格、法律の知識が必要になることがあります。

例えば、ドローンを使った農薬の散布には専用の資格が必要で、誰でもできるモノではありません。

農薬の散布には「緑の安全管理士」の資格が必要です。

またドローンを業務用として使い、将来的には空撮や動画の配信(点検整備などでも必要)を行う場合は送信機の出力が高いため「第3級陸上特殊無線技士免許」の資格がなければドローンを運用できません。

また、ドローンの重量が200g以上の場合は、日本の航空法の対象となるため、航空法を守った運用が必要となります。

これは個人ではなかなか熟知することは難しい部分です。

特に業務用でドローンを使用する場合は、国土交通省が定める飛行禁止区域で飛行する必要がある場合が多く、業務用ドローンを利用しさまざまな業務を行いたいのなら「飛行申請」が必要となるため、仕事としてドローンパイロットを志すなら、飛行申請申告の流れも知っておく必要があります。

なお航空法違反が発覚した際には、50万円以下の罰金が課せられる場合があり、業務としてドローンを使うことを考えるなら、航空法に関して確かな知識は必要不可欠です。

当たり前ですがこれらの資格・航空法に関する知識は、独学で調べたり、取得したりするのは決して楽ではありません。

だからこそ、これらのドローン周辺の運用知識を正しく学び、将来的にドローンを使って仕事を行えるようにするために、ドローンスクールに通う必要があるのです。

ドローンスクールで操縦を学ぶ意味はある? 確かな運転技術を学ぶ必要性

現時点では、先述した通り200g以下のホビー用ドローンであれば、運用に関して法的知識も、運転技術も必要ではありません。

もちろん、運転技術が未熟なままドローンの操作を行えば、それなりのリスクは伴いますが、遊ぶだけなら確かな運転技術は不要です。

また中には遊びながらドローンの運転技術を独学で学べば良いや――という人もいるかもしれませんが、ホビー用のドローンと業務用のドローンでは操縦に関する難度や日頃のメンテナンス、業務ごとの運用方法などはドローンスクールでなければ学ぶことは出来ません。

「えっ、ドローンの操縦ってどれも同じじゃないの?」と思われた方のために、ホビー用ドローンと業務用ドローンの違いを解説すると……

業務用ドローン ホビー用ドローン
購入費用 10万円~ 1万円~
運転技術 難しい 比較的簡単
出力 非常に強い 業務用に比べれば弱い
バランス 難しい 比較的簡単
空撮性能 高い 低い
散布能力 高い 低い
航空法の知識 必要 不要
第3級陸上特殊無線技士免許 必要 不要
メンテナンス技術 必要 一部必要
カスタマイズ技術 必要 不要

このように業務用ドローンとホビー用ドローンでは、運転に関する技術もドローンのバランスの取り方も、法的知識も、メンテナンス技術も必要です。

これらをイチから学ぼうと思うなら、専門の知識が必要になるのは言うまでもありません。

さらに業務用ドローンは航空法により、飛行できる場所が限られています。

業務用ドローンを利用して、仕事を使用と思うのなら、実際に業務用ドローンを購入し、自分で操縦を学ぶ……という必要があるのですが、業務用ドローンの価格は高い!

10万円から購入可能ですが、本格的なプロ使用のモノは100万円近いものも少なくなく、未熟な操縦で壊してしまうリスクを考えると、独学で業務用ドローンの操縦を学ぶのは非常にリスキーだと言えるでしょう。

そして、さらに問題なのが業務用ドローンを運転する場所がない、ということです。

航空法により業務用ドローンを飛行させることが出来る場所が限られており、航空法をきちんと守りながら、合法的に業務用ドローンの飛行訓練するのも簡単ではありません。

少なくとも、都内で業務用ドローンを航空法にそって飛行訓練するのは困難です。

つまり、今の日本では独学で仕事になるレベルのドローン操縦技術、ドローンの法的知識を学ぶのは、個人レベルでは非常に難しいということが言えるのです。

ドローンスクールなら『ハミングバード』



ドローンパイロット

“プロ”のドローンパイロットになる。ドローンスクール『DSJ 東京青山校』とは?

独学で業務レベルのドローンパイロットになるのは、先述した通り独学では非常に難しい。

ドローンの操縦技術、運用知識を正しく学び、プロとしてドローンパイロットとしてお金を取るレベルの“腕”を考えるなら、ドローンスクールで学ぶ必要があります。

それではドローンパイロットとしてプロになるためには、どこで学べば良いのでしょうか?

現在、ドローンの操縦には資格が不要なこともあって、ドローンスクールが乱立しており、質の悪いドローンスクールも少なくありません。

しかし、確かな技術を学ぶならば、ドローンパイロット養成学校として確かな教育力があるドローンスクールを選ぶべきでしょう。

そこで都内在住の方にオススメしたいのが、国土交通省管理団体 DPAドローン操縦協会公認校『DSJ 東京青山校』です。

なぜ『DSJ 東京青山校』がオススメな4つの理由

ドローン操縦認定証を発行してくれるドローンスクールは、数多くありますが、なぜ『DSJ 東京青山校』をオススメするのか、それには4つの理由があります。

  1. 国土交通省管理団体 DPAドローン操縦協会公認校
  2. 初心者も安心な丁寧な実施指導
  3. 東京駅から電車で3駅、JR京葉線 潮見駅から徒歩1分
  4. ドローンパイロットとしての就職先斡旋

[おすすめ理由①]国土交通省管理団体 DPAドローン操縦協会公認校

『DSJ 東京青山校』は国土交通省が管理する団体「DPAドローン操縦協会」が公認している、公的度の高いドローンスクールのです。

国土交通省が管理している団体が公認しているため、確かな教育が受けられるのはもちろん、発行される認定証の評価も高いという特徴があります。

[おすすめ理由②]初心者も安心な丁寧な実施指導

ドローンを使ったことがない、というドローン初心者の人でも、『DSJ 東京青山校』なら安心して、指導を受けられます。

ドローンの確かな操縦技能を取得するための充実した設備が整っているだけでなく、広さ約3,000坪の広大なドローン専用操縦スペースも完備しているため、安心してドローンの操縦訓練を行うことが出来ます。

また、プロのドローンパイロットを志す方に“プロとして必要な6つのテクニック”をみっちり教えてくれるので、ドローンスクール卒業後も役立つ技術をみにつけることが出来ます。

[おすすめ理由③]東京駅から電車で3駅、JR京葉線 潮見駅から徒歩1分

稼げる技術が学べるドローンスクールであっても、通いにくい場所にあると通うのが難しくなってしまいますよね?

その点『DSJ 東京青山校』は東京駅から電車で3駅、JR京葉線 潮見駅から徒歩1分という好立地にあるため、仕事の合間にドローンスクールでドローンの操縦を勉強したい、という人でも通いやすいんです!

[おすすめ理由④]ドローンパイロットとしての就職先斡旋

ドローンの操縦技術を学んで「はい、オシマイ」というドローンスクールは多いですが、『DSJ 東京青山校』では、認定資格習得後にドローン操縦技術を活かすことが出来るよう、ドローン操縦が必要な就職先を斡旋してくれます。

このサービスは、転職・キャリアアップを志す人にとって、非常に嬉しいサービスだと言えるでしょう。

また個人でドローンを使って商売をしたい人向けに、ドローンを活用したコンサルタントも可能。

『DSJ 東京青山校』は“仕事”としてドローンを操縦したい人を応援します!

ドローンの操縦を、無料で体験してみよう!



ドローンパイロット

さぁ、アナタもドローンパイロットになって年収1億円を目指そう!

ドローンの需要は、現在進行系で増えていますが、その反面ドローンパイロットは不足しており、認定資格とは言え、確かなドローンの操縦技術を持つ人は、幅広分野で活躍できることが見込めます。

もしも、アナタが自分の価値を高め、より高収入の仕事に就職したいと思っているのなら、確実に稼げることが見込まれているドローンパイロットを志してみてはいかがでしょうか?

自分がドローンパイロットとして、活躍しているところを想像出来るなら、12万円~からドローンパイロットとしての資格を取得可能な『DSJ 東京青山校』にまずは問い合わせてみてくださいね!